印鑑の利用目的と取り扱いの際の注意点について

印鑑は書類作成の際に本人であることを証明するための印です。
自分の使命を記入するサインが普及している一方で、現在でも公式の書類には印鑑の使用が不可欠になっています。
また、印鑑は実印や銀行員など用途に合わせて使い分ける必要があるので、作成の際には利用目的を提示する必要があります。

 

印鑑は本人確認の意味があるため、紛失や盗難に遭わないように慎重に扱うように心がけます。
特に実印は権利書などの重要な書類の作成に用いられるので、不測の事態に見舞われないように適切な方法で保管する必要があります
印鑑の紛失や盗難に遭った場合は無効の手続きに手間がかかってしまうので注意が必要です。

 

近年では安価で購入できる三文判が広く普及していますが、誰でも手軽に利用できる利便性の高さがある一方で他人に成り済ますなどの目的で悪用されてしまうケースもあることから、重要な書類に使用する印鑑は出来るだけオリジナルデザインの実印を選ぶように心がけます。
また、朱肉を使用しないシャチハタは三文判よりも手軽に使用できるのがメリットですが、公式書類に使用できないことが多いのであくまで私的な目的での使用に留めます。

 

シャチハタと同様にゴム印も公式な書類には使用できないことが殆どなので取り扱いには注意が必要です。
印鑑は長く使い続けることを前提にしているので頑丈に作られていますが、使用頻度が高いと文字が彫られた面がすり減ってしまい、綺麗に転写しないことがあります。

 

公式な書類に使用する印鑑は定期的に作り替えておくことがトラブルを回避するための心得ですが、印鑑登録などの法的な手続きは手間がかかるので時間に余裕を持たせて交換するように心がけます。