人生において重要な契約にはそれに担う印鑑を使うべき

宅配便の荷物受け取りや契約書類の確認等で印鑑は使われます。
これは自分のサインでもあるため、決して軽視して良いものではありません。

 

宅配便の荷物受け取りに対しては、『受け取りました』という確認のみなので、それほど重要とは言えないです。
ですが、契約書類に対しては、人生を左右するものなので、この場合においては重要と言えます。

 

重要な契約書類に対しては使う場合は、印鑑登録しておく必要があります。
これは、『契約しました』という証拠を残すためであり、契約を有効にするために必要なことです。
また、登録することは決まりでもあるので、忘れないようにしなければなりません。
ここで、重要な契約書類とは、不動産や銀行融資等において必要になる契約のことです。

 

こういう契約書類(特に、お金に関する契約書類)に対して、印鑑登録されていないものを使うと契約の効果が発揮されないため、無効となります。ただの受け取り確認用の印鑑と重要な契約書類用の印鑑の最低2つは持っておくと良いでしょう。

 

ただ、印鑑登録されたものが他の人に渡ってしまうような事態は避けなければなりません。
なぜなら、その印鑑によって、悪質な契約に利用されてしまい、その被害を印鑑登録している本人が受けることになります。
場合によっては、その印鑑によって開設された銀行口座を利用される恐れもあります。

 

それほど印鑑は重要であり、悪質な人に利用されると被害を受けてしまう可能性を秘めています
なるべく人の目に付かない、誰かに盗まれないような場所に隠しておく必要があります。
なくしてしまうことも避ける必要があるので、忘れないようにしましょう。
また、使い分けるということで、いくつも作って登録しておくことも良いですが、どれがどの契約に使ったのか分からなくなることもあるので注意しましょう。